わたしたちの那覇市
水はどこから

市の人々は、どのくらいの水を使っているのかな

水道の水は、
どこからやってくる

水道の水ができるまで

水のふるさと「やんばる」

那覇市の水道のうつりかわり


  那覇市の水道のうつりかわり  


 那覇は、昔から飲み水にとぼしく、わき水井戸水雨水を使っていました。しかし那覇は、小島(浮島)であったところから、井戸水は塩分をふくみ、飲み水には使えませんでした。そこで、雨水をため、それを飲み水にしていましたが、日照りがつづ続くとその雨水もかれ、わずかなわき水や井戸に人々がさっとうするありさまでした。
 そのため、1897(明治30)年には、水道をつくることが計画されました。しかし、いろんなことがあって、実現しませんでした。それから21年後の1918(大正7)年には、ふたたび計画され、工事ができるところまできたのですが、そのころは戦争の最中だったためお金がなく、作ることができませんでした。
 その後、昭和の始め宜野湾村( 今の宜野湾市)内にわき水が発見されたため、1927(昭和2)年調査が始まり、翌年には水道工事せっけい書ができました。昭和4年から、水源( わき水など水道の水を取るところ)用地を買ったり、水道を作るお金をつくり、工事のじゅんびが始まり、昭和6年から工事が始まりました。そして、2年後の昭和8年には工事が完了し、9月1日から水道が使えるようになりました。1年後には、3,000戸の家に水道をつなぐことができました。戦争前の昭和19年には、水道をつないでいる家庭は、25%(4家に1家)でした。しかし、沖縄戦ではげしい戦場となった那覇では、これらの水道施設は、ほとんどこわされました。
 戦争が終わったあとは、また、井戸水と雨水にたよることになり、十分な水がなく生活にこまるようになっていきました。そのため、1951(昭和26)年10月簡易水道( きぼの小さい水道)を首里につくりましたが、わずか130戸の家だけが、水道をひくことができました。
 昭和28年12月、アメリカ軍より水源地、ポンプ場、じょう水場をゆずりうけ、昭和29年4月から水道事業が始まりました。
 昭和29年には、首里、小禄、昭和32年には、真和志が、那覇市と合併( べつべつ別々の市町村が一つになること)し、市の人口が増えたため、昭和38年4月に泊じょう水場を改修しひろげることになりました。
 復帰後、石嶺ポンプ場やなど石嶺配水池を作りました。昭和51年からは、水もれかしょを直す仕事や水もれかしょを調査により早めに発見する事に力を入れることしました。昭和63年3月31日、これまでじょう水場としてかつやくしてきた泊じょう水場はなくなりました。現在那覇市では、県の西原のじょう水場北谷じょう水場から水を買って、市民が安心して水を使えるようにしています。


Copyright(C)2001 那覇市立教育研究所