本校の教育目標

 本校は、平成10年より「自ら学ぶ力を育てる学習指導の工夫」を研究主題として掲げ、子ども一人一人が主体となり、伸び伸びと学習を進めていけるよう、全教育活動を通してその具現化に向かって取り組んできた。  
 変化の激しい現代社会にあって、子ども自ら課題を見つけ、学び、主体的に判断・行動し、よりよく問題を解決する資質や能力、また、自らを律しつつ、他人と共に協調して、他人を思いやる心や感動する心などの豊かな人間性、さらに、たくましく生きるための健康や体力の増進等「生きる力」の育成を重視した教育の展開を考え、将来に向けた夢多き子どもの育成を目指している。
 
 本年度は特に「環境」「情報」に着眼して、子どもたちが人や自然と深く関わり、よさを認め合い、学ぶ楽しさわかる喜びを実感し、一人一人が伸び伸びと学習を進めていけるよう基礎的な事項の定着や、授業改善・支援の工夫を構築するべく研究・実践を進めている。
 子どもたちが生き生きと感性豊かに育つために、教師自身も多くの体験と研修を重ね、資質向上に努め、よりよい理解者・支援者となりたい。                           
      

  本校の教育理念と全校的な取り組み
  本校は、平成13年に創立90周年を迎える。学校経営は、歴史と伝統を誇る「久茂地小学校に学ぶ喜びと誇りを持ち、21世紀に生きる人間として、自ら学ぶ意欲と社会の変化に主体的に対応できる資質・能力を身につけ、想像力豊かな児童の育成を目指している。                
  
  日々の実践では、教育目標に
○明るく元気な子
○思いやりのある子
○考えて行動する子
 を掲げ、知・徳・体の調和のとれた心豊かな児童の育成を目指している